本を読む日々の身辺雑記


by aokimugi

カテゴリ:美術関連( 2 )

お江戸な一日

今日(もう昨日になっちゃいましたがw)は東京行ってきました~!!

江戸東京博物館でやってる「江戸の誘惑」展(ボストン美術館コレクションの幻の肉筆浮世絵展)と浅草演技ホールをはしごしてきました。
えっへっへ。楽しかった~!!
まさにお江戸な一日でしたw

「江戸の誘惑」展では、いろいろ「うわ~!!」と思う作品ありましたが中でも北斎の作品がすばらしかったです。迫力満点、生命力みなぎる作品に目を奪われました。でも説明プレートを見ると描いた当時の彼の年齢が80才超えてたりするんです

すごいなあ・・・。老齢になっても達観というか、枯れる境地に至るようなことなくあれだけの力を込めた作品を描けるのは、なんていうかもう・・・言い方おかしいですが並の天才じゃできないことなんじゃないかと思いました。迫力ある人生すごしたんだろうな~。死んだ後もエネルギー余って作品描いてそうですw

水墨画とか、狩野派の絵画も大好きなのですが浮世絵は庶民の生活が仄見えて面白かったです。「芸術的な価値」もある部分においてはとても大切な価値観だとは思いますが、春画等を含め庶民の生活に密着していたからこそ生まれた玉石混交のパワーが浮世絵の魅力なんじゃないかと思います。

浮世絵を見ていると人が「楽しみ」を追求する時に見せる欲の凄さ、みたいなものを感じます。ある種の「業」と言ってもいいのかも。
それはただ単に綺麗なんじゃなくて、少しバランスを踏み外したりもしていて・・・でもエネルギッシュで魅力的なのです。

今回の展示の目玉になっている北斎の鳳凰を描いた小さな金屏風があるのですが、それなんて解説文では『羽も胴体もデッサンが狂っていてどこからどこまでが羽なんだか分からない。折った羽の角度もおかしい。』なんて風に冷静に指摘されてるんですが、その絵全体が持つ迫力はもう誰の目にも明らかなのです。風に浮き上がって舞う羽の一枚一枚から伝わってくる力がある。
正しさが魅力に繋がるとは限らない。う~ん、面白いですね。むしろバランスを崩したところに魅力とか美しさが生まれるのかもしれません。


浅草演芸ホールでは、約2時間ちょっと心地良い笑いの世界に身を浸してきました。
予想通り平均年齢は高めでしたが(笑)席に座れないくらいの大盛況。金曜とはいえ平日の夜なのにな~。嬉しい誤算でしたw

客席と舞台が一体になって楽しむ空気がすごくよかったです。あったかくって大好きになりました。
落語だけじゃなくて、講談や時事ネタの笑い話、動物の鳴き声の物まねとか漫才までいろいろ見られてお得な感じでした。
肩の力抜いてお腹から思いっきり笑って。楽しかった~w
いい時間過ごさせてもらいました。
よっしゃ~!!また行くぞ~!!o(^^)o




ところで余談ですが、実は先日母に誘われて原宿竹下通りにライブに行ってきました。・・・で、今回は私が母を誘って「両国・浅草お江戸ツアー」(笑)を決行して参りました。
どう考えても普通は逆ですよね!?
母が若いのか、私が老成してるのか・・・・。
・・・両方なのか?
真実は見つめたくないもんです。
[PR]
by aokimugi | 2006-10-28 03:44 | 美術関連

大☆冒険!!

今日はなんと!!

一人で車運転して静岡県立美術館まで行ってきました~V

片道2時間。往復4時間ですよ!もちろん一人でそんなに長時間運転したのは初めてです。
いや~。なんかすごい楽しかったです。

スピードを出すこと。
ブレーキを踏むタイミング。
カーブを曲がること。

ひとつひとつの何気ない動きが
車に伝わって地上を高速で移動している。
その感覚が今はとても面白いです。
・・・・もちろん安全運転してますよ?

おかげさまで途中特に危険な出来事もなく(汗)無事に帰ってくることができました。

ところで美術館では何を観てきたのかといいますと
「世界遺産 ナスカ展」    です。
あの‘ナスカの地上絵‘のナスカです。
いつか行ってみたい土地の一つです。

彩色土器とミイラの展示に私の心は鷲摑みでした。
土器は、主に赤、黒、紺、茶、白、で彩色されていて人や動物、独特の神々の文様などが描かれていました。
絵柄の付け方、色の遣い方が絶妙です。
見ているとなんかポカポカしてくるような独特の温度感が好きです。
地上絵のデザインを見ていても思いますが、あの線の美しさはすごいと思います。

表情まで残っているような(保存状態のいい)ミイラには思わずびくっとしてしまいました。
年月の重み。生の重み。軽そうなミイラから伝わってくる「重み」。
遠い遠いはるかな場所で生きたその人の人生にはいったい何があったのでしょう。
カラカラに乾ききっているにも関らず、ナスカの時代の存在を他のどの展示品よりも生生しく感じました。

あと、ナスカの地上絵をグラフィックで見せる展示が面白かったです。
パソコン画面いっぱいに地上絵のグラフィック映像が流れていて、そこをコントローラーで自由に動かせるんですよ!
ヘリで地上絵の上空を飛び回ってるみたいな臨場感があってドキドキしてしまいました。

遠いところ行ったかいがありましたw

ところで、就職決まりました!!
暫く実家で頑張っていくつもりです。
詳細が知りたい方は個々にお問い合わせくださいませ・・・w
[PR]
by aokimugi | 2006-10-11 22:57 | 美術関連